駒場1丁目南西地区


駒場1丁目の北東部と南西部は崖で分けられて、この南西部は淡島通りに面しているともいえます。 「駒場町会事務所」、「駒場住区センター」、「目黒区立駒場保育園」(定員70人)、「駒場憩いの家」といった、公共の施設が狭い道に面して点在します。

駒場町会4部、5部
駒場町会4部国際高校避難所運営協議会
同5部駒場高校避難所運営協議会




駒場2丁目との境界となる駒場東大前駅西口から淡島通に出る道に沿い、淡島通に面して 10階建ての4棟が連なる総戸数162戸の「朝日マンション」が、この地域のランドマークのようにあります。 朝日マンションの北側には「ディアナコート駒場」(5階建29戸)があり、その先に「日本工業大学駒場高・中学校」 が住宅に囲まれるようにしてあります。


淡島通沿いには、小さくて気づきにくいけれども個性豊かなお店が並んでいるのです。 小さな食事の店「えびすや」、自転車の「トミヤ」、犬の調教とホテルの「StayBull」が点々とあります。警察官が常駐する駐在所も淡島通に面して「駒場幼稚園」の向かいにあります。 水草・熱帯魚・観賞魚用品の専門店「H2目黒店」、美容室「クパラ」「工藤接骨院」「カワイ歯科」、椅子張替えの「河田製作所」、 「日本小動物医療センター目黒消化器サテライト病院」、「S&Gボディケアルーム」と続きます。渋谷駅行き松見坂上のバス停があり、渋谷駅行きは頻繁に通ります。 オーダーメイドの帽子を作る「Crown Clown」と蕎麦屋の「福島屋」の間の道は、淡島通から駒場住区センターに向かう目印となります。 徳川時代には吉宗以降の将軍が通った御成道だったようです。


焼肉「丹虎」、「宮本整体院」、オーダー家具の「WRIGHT」、リサイクル雑貨の「月光堂」、松見坂公園前で淡島通の道幅が広がるところから、セレクトショップの「SOMBRERO」、 居酒屋「味げん」、「吉野寿司」とあり、カジュアルなフレンチの「エガリテ」のとなりは1日一組の予約という「Tsushimi」です。 黄色い壁にイグアナのオブジェが目立つ店「コスタラティーナ」はラテンアメリカの空気が流れています。夜はバーになるカフェ「テルチ」、 ヨーロッパのアンティーク家具専門店「Demode 10」までがこの地域です。




駒場1丁目合計世帯数2463 人口4068人(2019年1月) 1.65


トップ画面へ