大橋2丁目246沿い


国道246号は古くは大山街道、厚木街道、路面電車の玉電が走っていたころは玉川通と呼ばれていました。 上目黒氷川神社のある氷川台の崖下、国道沿いの商業ビルがこのエリア一の繁華なまちにしています。

上八町会(ただし大橋2丁目の目黒川緑道から池尻寄りは東山3丁目自治会)
駒場高校避難所運営協議会




高速道路が上を走る国道246号の向かい側、2010年3月に開通した大橋ジャンクションの屋上に、目黒天空庭園が2013年3月にオープンしました。地上42階の「クロスエアタワー」と地上27階の「プリズムタワー」に挟まれており、クロスエアタワーには目黒区の大橋図書館、包括支援センターを含む北部事務所の施設と、大型食品スーパー「ライフ」が入居しています。


天空庭園は目黒区施設のある9階から国道246号を渡る跨道橋「オーパスブリッジ」まで続き、インテリアの店「SEMPRE」(センプレ)3階の前からエレベーターで道路におりることができます。4階から上は「スタイリオ池尻大橋」(9階27戸)です。


上目黒氷川神社の鳥居と急勾配の石段が、246と山手通りの三叉路正面にあります。山手通りが246の下を潜って、松見坂で淡島通と交差し、坂を上がったところで旧山手通と合流するようになったのは1960年代になってからです。




今から440年ほど前の天正年間に創建された氷川神社なのですが、境内にある稲荷神社は更に古くから鎮座していたようです。背後に氷川遺跡や大橋遺跡があって、真南に目黒川沿いの低地のある氷川神社の立地は、古くから神域としてふさわしかったのではないでしょうか。富士山も1980年代前半までは境内から見えていました。神社の左隣りの交番の横から、境内を山頂に見立てた富士浅間登山道があって、境内奥に浅間神社があります。


境内下の交番の隣、早稲田アカデミー「MYSTA池尻大橋」が1階にあるビルの5階に、女性だけの30分体操教室「カーブス池尻大橋」があります。


豊富なメニューのエスニックな中華料理「橙(だいだい)」、昭和のスナック「砂時計」、東京新聞の販売所の上に「大橋接骨院」があり、「SEMPRE」の上のオーパスブリッジをくぐると、6階に鉄板焼き「らんぷ」と5階に「シャンパンバータイニィバブルス」のあるビルになります。


その隣が洋食の「キュイジーヌ」で、ストレッチの「Re.Ra.Ku」が大橋病院入口信号の角になります。


おかゆ専門店「カユゾー(CAYUZO)」の2階は九州地鶏で気軽にお酒を楽しむ「丸山琢朗」、 地下のダイニングバー「インディアンタイム」、交差点から入って「旬彩和房SATO」、「キャトル」と 小粒で魅力ある店がそろいます。


渋谷行きのバス停:大橋 「城南信用金庫大橋支店」は郵便局を別にすると、駒場地域唯一の窓口のある金融機関です。  コンビニでは「セブンイレブン目黒大橋2丁目店」があり、 「餃子酒場ツツム」は新しくできた人気店です。 地下に蕎麦の「香名屋」のある「ホテルオリンピックイン渋谷」の隣に「アクトホテル渋谷」が2019年6月にオープンします。いずれも渋谷 のホテルということになるのでしょう。 信号の前の半地下にあるのが「マクドナルド」。その上に、多彩な事業を展開する「際コーポレーション」本社の下の階での 直営店となる「まるかく三」はインテリアもメニューも斬新で魅力的です。 「成城石井」と薬の「Tomod’s」は「ドレッセ目黒大橋プレヴィ」(15階建104戸)の1階と2階になります。

神経内科・内科・脳神経外科の「吉井クリニック」は慢性頭痛の治療で知られています。

目黒川の大橋の上流側は暗渠で緑道となりますが、その入口に1階と2階が「ドコモショップ」の「西渋谷ハイウェイビル」があります。このビルの 3階「池尻大橋耳鼻咽喉科」4階「かみやす矯正歯科」5階糖尿内科「おおはしさくらクリニック」6階 「あんどうレディスクリニック」7階リラクゼーション整体「グリーンCUAS」と各階が専門医院になっています。

そのビルの前から目黒川緑道が始まり、世田谷区との区界を超えてから大橋病院への入口があります。その先は北沢川緑道と烏山川緑道 に分かれて、世田谷区内の散歩道となります。


世帯数2667、人口4429人

(全大橋2丁目)
トップ画面へ